資格取得―私達にも?

私達の生活において、必要とされているのはどのようなことでしょうか。まずは、いわゆる『時間』です。時間が無ければ、どのような画期的なことも行えません。その次に、『能力』です。私達はどのような画期的なアイディアを持っていたとしても、それを実行する能力が無いとアイディアを具現化することはできません。能力は、誰もが備えることのできる一つの要素ですが、反面誰も持っていない能力を身に付けることができる、ということも言えます。

能力を身に付けるための方法はいくらでもありますが、いわゆる専門学校などに通ったり、講習やセミナーに参加するなどの方法では、時間と労力がかかってしまいます。そこで、多くの方は、自分で学習する、という方法を取るのです。それは、自分たちでこれから必要とされるスキルを習得するための過程、いわゆる『資格取得』と関わってきます。

皆さんは何らかの資格を保有しておられるでしょうか。私達が持っている資格は、それはいわば第三者からその資格を保有していることを認めてもらえるものとなっています。いわゆる、公にできる資格なのです。誰もが資格を持っているのにもかかわらず、それを生かし切れていない、ということもあります。資格を生かすことのできる場面はたくさんあるのに、その場面を見つけることができていない場合があります。では、実際に私達が取得できる資格にはどのような資格があるのでしょうか。また、その資格を実際に活かすためにはどのような手段があるのでしょうか。